So-net無料ブログ作成

久しぶりのボランティア。 [日常の出来事]

本日もご訪問ありがとうございます。

8月も明日で終わりですね〜。

30日ブログ1.jpg 

夏が好きな私はこの時期が一番寂しさを感じます。

ヒマワリが枯れ始め、ミンミン蝉やアブラ蝉に代わってツクツクボウシなんか鳴き始めたら…

「宿題どうしよう[がく~(落胆した顔)][たらーっ(汗)]」 って焦った子供の頃の記憶が蘇る。

読書感想文とか、本を読まずに書いたこともある[わーい(嬉しい顔)][たらーっ(汗)] ハハハ。 

それが学年代表として読書感想文コンクールとかに出されることになったりして、かなり焦ったよ〜[あせあせ(飛び散る汗)]

中2の時の話です。

 

さて、下痢だったミッチー、

昨夜無事ウンチが出ました。まだ軟らかめでしたが、随分形のある便になっていました。

もう大丈夫だと思います。

今は下痢あがりなので冷たい水は与えていませんが、

暑かった時には水に氷をたっぷり入れて飲ませていました。

お腹の中からも体温を下げようと思って。 効果はあるのか?? 

だけど、私がせっかく氷水を用意しても、散歩から帰ってまったりしているぐ〜たらミッチーはなかなか飲んでくれません[もうやだ~(悲しい顔)][たらーっ(汗)]

「せっかくの氷が溶けちゃうよ〜[ふらふら]」と、ミッチーの元へ水を運ぶ私。

するとこんなダレダレの姿勢のまま飲み始めます。

30日ブログ2.jpg 

冷たい水を美味しそうに飲む姿を見て、私は幸せなのですが…

30日ブログ3.jpg 

夫は、

なんてだらしない飲み方なんだ…」と嘆きます。

30日ブログ4.jpg 

ミッチーに言っているのではありません。

30日ブログ5.jpg 

私に言っているんだよね。

過保護だ!」って[わーい(嬉しい顔)][たらーっ(汗)] 

自覚、ありま〜す[わーい(嬉しい顔)][手(チョキ)]

 

さて、今日は久しぶりに福島から避難してきている犬たちの保護シェルターにボランティアに行って来ました。

「行きたい、行きたい」と思っていたのですが、8月中旬から下旬にかけて何かと忙しくて…

30日ブログ6.jpg 

久しぶりだったので、着くまでは少し緊張しちゃいましたが、今日は初めてA棟(2階)の担当になりました。

そこには…

子犬がいっぱ〜い[揺れるハート][揺れるハート][揺れるハート]

保護されたとき妊娠していた犬が生んだ子犬とその母犬がいました。

キュ〜、キュ〜と鳴く赤ちゃん犬から、1ヶ月くらいのやんちゃなコまで

少し広めのケージに兄弟で入れてもらって、取っ組み合いをして遊んでましたよ。

そして遊び疲れたらヘソ天になって爆睡[眠い(睡眠)][眠い(睡眠)][眠い(睡眠)]

天真爛漫でとても可愛かったです。

あのコたちに早く優しい里親さんが見つかるといいなぁ…

   30日ブログ7.jpg  

今日は若いママさんボランティアの方と一緒でした。

初めてっておっしゃっていたけど、テキパキと散歩をさせていて、落ち着きのない犬に対しては毅然と「ダメッ!」と叱れるいい方でした。

横須賀からお越しということでしたが、明後日の9月からお子さんの幼稚園が始まるので、多分もう来れないだろうって。

そうなんですよね〜、学校が始まると出にくくなる人、多いだろうなぁ。

学生さんは平日に来れなくなるだろうし…

今日の午前中は、私を含めてボランティアの数は3、4人と少なめでした。

これから人出不足になっちゃうかもなぁ[もうやだ~(悲しい顔)][たらーっ(汗)]

30日ブログ8.jpg 

かく言う私も週に2回くらいしか行けそうもない。

私はね、様々な用事があると、「今日は無理だな」で済ませられるけど、

あれだけの犬と猫を預かっているスタッフさんは何があっても毎日世話をしなければならない。

最低でも1日1回は散歩に連れ出してあげないといけないもんね。

犬たちも、狭いケージで1日の大半を一人で過ごしています。

1日1回の散歩では間に合わず、ケージの中でウンチやオシッコをしてしまうコも多い。

犬はきれい好きだから、ケージを掃除をしてもらうまでは本当は辛いんだろうなぁ。

そんな中、飼い主さんが迎えに来てくれた犬や、里親さんが決まってシェルターを離れる犬たちも少しずつ増えてきたみたい。

空きのケージもちらほらありました。

行き先が決まる犬たちが増えれば、それだけ残っている犬たちにかけてあげられる時間も増えるでしょう。

30日ブログ9.jpg 

少し辛い避難生活ではあるかもしれないけど、

あそこで保護されている犬たちに“殺処分”という未来はない。

だから、もう少し辛抱してね。

私も時間を見つけてお世話に行くからね。

 

見上げれば、 

30日ブログ10.jpg 

もう秋の空。 

30日ブログ11.jpg 

ミッチーも、皆さんのワンコさんも、そしてシェルターの犬たちも、

もうじきお散歩が楽になるよ。 

みんな、頑張れ!

 

↓ランキングに参加してます。ココ[左斜め下]を一押しお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

 

[ひらめき]相変わらずお返事&ご訪問が停滞中。ゴメンなさい。

 


nice!(37)  コメント(16) 
共通テーマ:ペット

nice! 37

コメント 16

ami

本を読まずして書いた読書感想文がコンクールに・・・すごいっ!
季節は夏から秋・・・食欲の秋。収穫の秋。スポーツの秋~。
嬉しい事盛りだくさんの秋ですよーー。

保護シェルターの二回には子犬たちがいたのですか、
保護された犬たちが 少しでも多くの里親に巡り会えますように。
by ami (2011-08-30 20:26) 

Ka2

映画でやっているロック、みたいのですが見たらきっと映画館から出られなくなってしまいますね。
保護シェルターのボランティアか・・自分でもできるのかな?
by Ka2 (2011-08-30 20:59) 

さくらママ

私…中学生まで読書が嫌いで、作文が嫌いで…
夏休みの宿題、苦労したなぁ~!
本を読まなくっても代表になれるなんて…文才が有るんですね!

ボランティアお疲れ様です。
早く里親さん見つかると良いですね!

by さくらママ (2011-08-30 21:02) 

こもしば

ボランティア、お疲れ様です。
いつもありがとうございます。

仔犬ちゃんたち、可愛いでしょうね。
元気に育って里親さんが見つかりますように!

ミッチーちゃん、カタチのあるウンPが出て良かったですね。

by こもしば (2011-08-30 21:31) 

桃次朗ママ

ツクツクボウシが鳴き始めると、夏休みも終わりと
子供のころより、思っていました。

Michyさん、凄い。
本を読まずに感想文を書くなんて!
それが、学年代表でコンクールに出されたとは、びっくりです。

保護シェルターのお世話に行かれたんですね。
お疲れさまでした。
今回は、子犬たちのエリアでのお仕事で、愛くるしいしぐさを見れて良かったですね。
空きのケージもちらほらあり、飼い主さんのお迎えや里親さんが決まったのではないかとのこと、良かったなぁと嬉しくなります。
みんなみんな、家族の元で過ごせますように!

ミッチーちゃん、お腹の調子もまずまずで良かった~♪


by 桃次朗ママ (2011-08-30 21:54) 

はなママ

こんばんは。
わたしはMichyさんとは逆に
夏に弱いので虫の声が聞こえると何だかホッとします。
でも寒すぎるのは苦手~なんてわがまま。。。

ボランティアお疲れ様です。
お手伝いが減ってしまってスタッフさんはちょっと大変になりますが
Michyさんはマイペースでお手伝いですよ~
わたしは今、とても気になる預かりワンコがいます。
今ははなに全力投球なので
いい里親さんがみつかるように祈るだけなんだけど
いつかは引き取ってあげたいと思ってます。
by はなママ (2011-08-30 23:56) 

みぃにゃん

こんにちわ 形あるものが出て良かったですね
ちょっと一安心ですね。ボランティアお疲れ様です。
子犬ちゃんたちみんな幸せになってほしいですね。
そこにいる犬達も体調壊してる仔もいるかもしれないですね。
ゆるかったり・・・。なかなかそこまで手が届かないでしょうねぇ。
一日も早く元の生活に戻るのを祈るばかりです、
みんな幸せが早くきますように・・・。
by みぃにゃん (2011-08-31 01:32) 

のろ

ミッチーちゃん、体調が戻るまで、思ったよりも時間がかかりましたね~・・・。早く完調にな~れ。
ボランティア、ご苦労様でした。
少しずつですが、家族の元に戻って行ってるワンコたちがいるというのがうれしいですね。生まれた子犬もちゃんと引き取り手がありますように~(-人-)。
by のろ (2011-08-31 07:17) 

健斗の母

いろいろ忙しい中、ボランティアに行ってくれて、
そして報告してくれて、本当にありがとう。とってもうれしい!
家族の元に戻ってる子も、少しずつでもいるのね!?
福島は、人も帰れない地域がまだたくさんあるからね・・・
わんこどころじゃないとも言えるのに、
迎えに来てくれるってこと、泣きそうになるよ。

ダレダレな1日を送っている私は、相当自己嫌悪だよぉ。
人手が足りなくなるかもな9月、私も行けたらいいのに。

まぁ、老いた親と病気の姉の面倒を見るのが、
究極のボランティアと言えなくもないか^^;

8月も終わるねぇ。
イヤなことは後回しの私。座右の銘は背水の陣。
8月31日にいつもいつも大泣きしながら宿題やってました。あはは
でも仕事してた頃のせつなさを感じないで済むってこと、
叫びたいくらいうれしいんだぁあああ!

by 健斗の母 (2011-08-31 08:57) 

たろー母

Michyさんおはようございます。
今日から天候崩れると思っていましたら
昨夜の激しい雨はすっかり上がり青空が・・・
今日もまた蒸し暑い1日になるようで!

ミッチーちゃんのお腹の調子も徐々に
回復しほっとされたことでしょうね。
お水を傍に持っていって飲んで欲しいと
言う思いは過保護ではなく親心ですよね~♡

ボランティアにお出かけになられご苦労様でした。
これから秋口になりますとおやすみをとれる方も
少なくなりボランティアさんの数も減るのでしょうね!
活動されていらっしゃる方々のご苦労は
計り知れませんね!そんなご苦労を重ねて
懸命に活動されていても感謝されるだけでなく
様々な風評にさらされることもあり、頭が下がります。
by たろー母 (2011-08-31 09:12) 

サコリン

プププ~パパさんの一言に笑ってしまったよ。
男の人ってみんな同じこと言うのかな?
うちも全く同じこと言うわ。
特にうちは「日本犬たるもの、寝っ転がってメシを食うとは!
なっとらん!!」って感じ!
決まった場所できちんと立たせて食べさせろって言われるよ
ほっとけ、オヤジ!この子はここで食べたいの!って言い返してます(瀑)
Michyさん同様、過保護&親ばかですわん。

ミッチーちゃんのお水の飲み方、私的にはキュート♥で大好き!
可愛くてじっ~~~といつまでも見ていたい。

そして暑い中、ボランティアお疲れ様です。
殺処分されないって聞いただけで、もうすんごく安心!
だって、殺されるって分かっている子のお世話は辛すぎるもん。
シェルターの子達のすべてに、明るい未来が待ってると信じてます。
by サコリン (2011-08-31 10:18) 

渡り鳥

こんにちは。
ミッチーちゃん体調が戻ったようで安心ですね。
ボランティアお疲れ様でした。



by 渡り鳥 (2011-08-31 12:57) 

どんぐり

こんにちは!どんママです。
明日から9月ですね…。
我が家は,私以外は学校関係者なので夏休みの終わりはドンヨリですが,私はけっこう嬉しいのだ…。自分の時間増えるし!

どん兄は既に学校が始まってるんですが,夏休み最終日前日に,学習の記録みたいな課題に「今日から充実した夏休みを過ごすぞ!」とか書いてて,虚しくなってました…。
計画的に勉強ができないサザエさんちのカツオみたいなどん兄です。

これから食欲の秋!ミッチーちゃんのお腹の調子も回復してきて何よりです。
by どんぐり (2011-08-31 13:23) 

レモママ

確かに・・過保護かもしれないですけど、いいですよね~・・レモンが水を飲んでいる(ご飯を食べる)時の写真か?と思いました・・そうなんですよ
うちでもしばしば見かける光景です

ボランティア、いつもご苦労様です
新しい家族に出会う子が増えてきたとのこと、何よりです
今いる子たちにも素晴らしい出会いがあることを願いたいですね

読書感想文、私も、いい加減に読んで提出したときのほうが評価が高かったような気がします(笑)

by レモママ (2011-08-31 15:07) 

きのと

ボランティアお疲れ様です。私もボランティアに参加したいと常々思っているのですが…三歳の娘がいるので行動にうつせずモヤモヤ(笑)

何日前のミッチーちゃんがヘソ天している写真を娘と見ました♪パッコーンと言う言葉が面白くて笑ったら娘に「何?」と聞かれミッチーちゃんがパッコーンだってと話したら、わが家の愛犬がヘソ天する度「こっちゃんパッコーン」と言うようになりました(笑)
笑えます(^O^)
by きのと (2011-08-31 16:18) 

Michy

** まとめてのお返事で失礼します。 **

ふふふ…
中2の時の読書感想文は、本の帯とあとがきを参考に、
目次でだいたいの内容を把握して書きました(笑)。
奇をてらって1ページめの写真について少し書いてみたり
したのが良かったのかしら??
理由はわかりませんが、なぜか学年の代表として選ばれ
市のコンクールに提出するはめに。
もちろん、あっさり落選でした(笑)。
子供の頃からそういう要領は良かったみたいです。

そしてミッチーの水飲み。
目は見えませんが、水が置いてある位置はちゃんとわかって
いて、喉が渇けば自分で飲みに行きます。
が…
私は散歩直後の火照った体を、氷の入った冷たい水で
中から冷やして欲しいのよ〜!!
で、休憩している犬の元へ運ぶのですが、それが夫には
どうにも過保護に写るらしいです。
ま、それも一理ありますけどね。
わかっちゃいるけどやめられな〜い♪ってところでしょうか(笑)。

そして久しぶりにボランティアに行って来ました。
間が空くと何となく緊張しますね(笑)。
気のせいか(じゃないと思う)ボランティアさんの数が随分
少なくなっているように感じました。
仕方ないですかねぇ。
今回初めて2階のシェルターで作業をしました。
そこは親子や若い犬が多く、「キケン」印のコは1匹もいま
せんでした。
このシェルターの犬たちなら私もお掃除だけじゃなくて、お散歩
もできるかも♪
って言うか、もし一人しか担当がいない場合は、散歩に連れ出し、
外でしばらくつないでおいて、その間にお掃除をすることにな
ります。
これからは両方できるようにならないといけなかも知れません
ね。頑張ろう!!

以前何度か担当したB棟にいた“白わさお”と呼ばれていた、白い
秋田犬君が先日ご家族の元へ戻ったそうです。
本当に良かった〜♪
こうして1匹、また1匹とシェルターからおウチに戻れるコが
増えるといいなぁ。
でもね、ケージに名前が貼ってないコも結構いるの。
そういうコは飼い主さんが不明なんですよね。
無事でおられるのかもわかりません。
無事でいるとしても、自分の犬がシェルターで保護されている
ことを知らないかも知れません。
そんなコたちも、いつか家族又は里親さんに引き取られて、
普通の犬としての生活ができるようになるといいなぁと願わずに
はいられません。

ボランティアは出来る時に、出来る人が、出来る範囲ですれば
いいと思っています。
無理はダメ。(経験済み)
「なんとかしてあげたい」と思うだけでも素敵なことだと思い
ます。
そういうお気持ちも心に携えて、私も出来る範囲でお世話に
行って来ますね。

by Michy (2011-09-01 23:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。