So-net無料ブログ作成

「犬の消えた日」を見ました。 [飼い主の話]

本日もご訪問ありがとうございます。

お盆ですね。

13日ブログ1.jpg 

朝6時過ぎに起きたら、既にご先祖様はお帰りになっていました。

この辺りでは多くの家で“盆塚”を作ってお迎えします。

それぞれのお宅で作り方が違って、この時期散歩がてら見て回るのも楽しいです。

最近お義父さんの作る盆塚は…ちょっと手抜きかな[わーい(嬉しい顔)][たらーっ(汗)]

 

今日は昨日までより雲が多く、少しだけ過ごしやすかったかもしれません。

それでもミッチーは毛皮をまとった犬ですから、

13日ブログ2.jpg 暑そう。

昼間はエアコンを入れたりもしますが、

夜は基本的にミッチーは自室(空いている物置兼犬の寝室)で一人で寝ます。

もちろんエアコンなどありません。

で、蒸し暑い夜はどうしているかといいますと、

こんな風に大きめの保冷剤を2個重ね、ミッチー用の小さな扇風機の前に置きます。

13日ブログ3.jpg 

犬は体に汗をかかないので、風を送ってもそれほど涼しく感じるとは思えません。

なので届く風が少しでも冷たくなるようこのようにしています。

朝まで風の当たる位置で寝ていますから…

13日ブログ4.jpg 

多分、多少涼しいんだと思います。

朝には保冷剤はほとんど溶けていますけどね…

 

さて、昨日日本テレビ系列で7時から放送された戦争のドラマ「犬の消えた日」をご覧になりましたか?

私は新聞の広告、そして予告編を見ただけで「ダメ、絶対見られない!」って思いました。

元々悲しいストーリーの戦争ものや動物ものは苦手なので、

こんなタイトルのドラマなんて見られるはずないのです。

が…

ブログ友達で「いつも一緒、ずっと一緒。」のサコリンさんのブログにお邪魔したら、

なんと私も時々ブログを拝見している「秋田犬白太郎の生活」の白太郎君がエキストラ出演すると言うではありませんか?!

これは見ないわけにはいきませんな…

ってことで意を決して(だって絶対泣いちゃうもん[もうやだ~(悲しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)])見ました。

ただ、7時からだと夕食の支度やらなにやらで落ち着いて見られないので、録画して、実際は今日の昼に見たの。

13日ブログ5.jpg 

ストーリーは戦争が激化する中、飼い犬を軍用犬として提供したり、毛皮に利用するために強制的に供出させられるお話です(あらすじはコチラ)。 

13日ブログ6.jpg 

いや、もう、犬好きには涙なくして見られないドラマでした。

そして戦争の残酷さをあらためて感じさせられました。

ドラマの中で紹介された隣組の回覧がコレ[左斜め下]

13日ブログ7.jpg 

「勝つために犬の特攻隊を作って敵に体当たりさせて立派な忠犬にしてやりましょう」だって…[がく~(落胆した顔)][たらーっ(汗)]

そしてコレ[右斜め下]が犬の毛皮で作った軍人用のコート。 

13日ブログ8.jpg 

本当にそんな酷い時代があったんですねぇ。

途中、涙、涙で見ていましたが、

しっかり白太郎君の姿は探しましたよ!

そして…

いた〜っ[るんるん][るんるん]   多分この[右斜め下][わーい(嬉しい顔)][手(チョキ)] 

13日ブログ9.jpg 

ここにも[るんるん][るんるん] 

13日ブログ10.jpg 

白くて大きい秋田犬だから目立ちますね。

辛くてやりきれない気持ちも白太郎君を見た事で少し緩和されました。 

お昼を食べてから見始めたので、終盤にさしかかった頃はもう3時。

おやつの時間が少し過ぎてしまったら、

13日ブログ11.jpg 

ミッチーの猛烈なアピールが始まりました。 

13日ブログ12.jpg 

しまいにはこんな顔をして睨まれた[がく~(落胆した顔)][たらーっ(汗)]オヨッ。 

13日ブログ13.jpg 

言うまでもなく、戦争なんて二度としてはいけませんね。

誰一人幸せにはなれないのですから…

今は飼い犬を提供するなんて考えられません。いい時代です。

が…

犬や猫にとって本当にいい時代なのでしょうか?? 

13日ブログ14.jpg 

人間のエゴや無責任な行動によって殺処分される犬や猫の数は年間何十万匹にものぼるそうです。

人間が作った原発が事故を起こし、飼い主と引き離された犬や猫の数は計り知れません。

すぐ帰れると思って自宅に置いてきたペットを迎えに行けないご家族の気持ちは、自分の犬を供出する時の気持ちと同じだと思います。

見殺しにしてしまうかもしれない…という。

立ち入りが制限されている地域での酪農家の気持ち、口蹄疫を発症した地域に出される全頭処分の業務命令。

大切な生き物を人間の都合で殺さなければならない状況は今の社会にも残っているのです。

少し飛躍しましたが…

ただ泣きながらドラマを見たわけではありませんでした。

大切な命を粗末にしない社会が1日も早く訪れる事を願ってやみません。

 

ミッチーは今日も… 

13日ブログ15.jpg

幸せです

おかげさまで… 

 

↓ランキングに参加してます。ココ[左斜め下]を一押しお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

 


nice!(35)  コメント(20) 

nice! 35

コメント 20

渡り鳥

こんばんは。
辛い時代ですね。
可愛い我が子がと思うと堪らないです。。。

by 渡り鳥 (2011-08-13 20:09) 

ヒッコリー院長

こんな悲しいお話しがあったのですね(><;)
初めて知りました
昨日は、夜間ですが、「硫黄島」の映画を見ていました
by ヒッコリー院長 (2011-08-13 20:39) 

ぶう

犬の献納の事は知っていたので、このドラマは見れませんでした。
知らない方には、ぜひ知って欲しい事実です…。
戦争は2度と起こって欲しくないですし、起こしてはいけない。
でも、こんなに平和なのに、無碍にされる命の、なんと多いことか…。
私もMichyさんの言うように、命を粗末にしない社会が来る事を願います。
by ぶう (2011-08-13 21:30) 

Cocona

この番組は絶対に見ないと決め、見ませんでした。
聞いただけでダメです。

命はすべてに平等にある事をなぜ忘れたりおろそかにするんでしょうね。
by Cocona (2011-08-13 23:18) 

mamalu

ど~しても見ることができませんでした。
考えただけでも涙が出てきます。
ひきつけおこしそうです…。

by mamalu (2011-08-14 01:38) 

たろー母

Michyさんおはようございます。
「犬に消えた日」ご覧になったのですね!
一応録画しておきましたが、昨日は1日
留守していたので、まだ見てはいませんが・・・

戦争の悲惨さはわかりきっていますが、
犬を供出させられていたとはまったく
知りませんでした。
戦争の恐ろしさ悲惨さをわかっている筈が
今も世界のどこかで紛争は絶えることなく!
しかし戦争だけでなくこの平和な時代でも
我が愛犬を平気で遺棄し年間30万以上の
ワンにゃんの命が処分されていると思うと
言葉も無く・・・
すべて犠牲になるのは動物達!
改めて人間の残酷さに言葉を失います。
by たろー母 (2011-08-14 07:45) 

のろ

人間の都合に翻弄されるワンコ。(動物一般か・・・?)
悲しくなりますね・・・。
by のろ (2011-08-14 08:48) 

健斗の母

サコリンさんとこで、白ちゃんが出ることは知っていましたが、
やはり、見られませんでした。
その日は、もう昼間から日テレに回すのもイヤだったの。
予告がCMの途中で流れるから。
史実を知らなければならないのはわかるけれど・・・

Michyさんの記事を読んだだけで泣ける・・・
でもありがとう、報告してくれて。
by 健斗の母 (2011-08-14 09:24) 

白太郎母さん

こんにちは 今九州の姉の所に遊びに来てます
博多でドラマ見てたよ 現場でロケを見てたし
白が出てたから 泣かずに見れたけど
今でも 殺処分が行われてる事を思うと
悲しくなりますね ハクはおき楽に 博多の地で
遊んでま~す 今から 滝に行ってきま~す

見てくれて ありがとう
by 白太郎母さん (2011-08-14 11:29) 

サコリン

私は何とかリアルタイムで見れたよ~
あんな恐ろしい事が実際にあったなんて・・・寒気がするほど
悲しいストーリーだったね。
軍用犬の事は知ってたけど、犬の毛皮だなんて残酷すぎる。
Michyさんの言うとおり、ハクちゃんが出演してたのが
せめてもの救いだった。ひときわ大きく、そしてひときわりっぱに
吠えてたよね~すぐ分かった!(瀑)
戦時中の悲しいお話だったね~って片付けられない現在の
日本の動物愛護精神。
ひょっとして昔よりひどくなってるんじゃないの?ってさえ思うよ。
それが証拠に年間の殺処分される犬猫の数。。。
減るどころか、年々増えてる。
あの時代は確かに「お国のため!」って愛国心ゆえ
なんの罪もない動物達が犠牲になったけど
人間もたくさん犠牲になった。
だけど、今は要らなくなったからって平気で動物たちを捨てる。
そして殺処分されることに何の罪悪感も感じない飼い主達。
動物は生きていくため、食べるために相手を殺すけど
人間は要らなくなったから殺す。こちらのほうが供出より
残酷に思えた、中々考えさせられたドラマでした。
by サコリン (2011-08-14 11:46) 

あずかぁたん

あ~、この番組。もうタイトルだけで泣けてきちゃいます。私も録画しましたが、まだ見れていません。後でひっそりゆくっり時間のあるときに見ます。
他の映画やドラマでも見かけますが、こんな風にわんこが使われていたんんて・・・・・もう二度とこのようなことはおこって欲しくないと思います。
そして原発事故で泣く泣く置いていかれた動物達・・・今だ離れ離れの生活・・・1日でも早く家族のもとへ帰れることを願います。

お盆のご先祖様を迎えるしたくは、その場所場所で風習が違いますねぇ。
あず家は何にも無い派です。
ご先祖様、キュウリの馬に乗って早く(家へ)帰ってきて、なすの牛でゆっくり帰っていく(お墓へ)でしたっけ?

ミッチーちゃんは自室で冷たい風を受けてのおやすみなんですねぇ~。あずきは凍らせたペットボトルの氷枕にアルミシートで寝ています。
暑い夜は枕にして寝ているって事は、やっぱり気持ちがいいんでしょうか?
by あずかぁたん (2011-08-14 13:12) 

しばはな

犬の消えた日は見ることが出来ませんでした。
悲しすぎる過去ですね。
戦争は絶対イヤです!!
by しばはな (2011-08-14 13:24) 

うそっきー

私も録画しました。まだ見てはいませんが。
タオルを握りしめてでも 見ないといけませんね!
by うそっきー (2011-08-14 16:04) 

こもしば

リアルタイムで見ました。
録画してしまうときっと見たくなくなると思ったから。
もし今、うちのコ達を差し出せって言われたらどうしよう…
と思うと涙が出ました。
こんな事が本当にあったんですね。

「大切な命を粗末にしない社会」
いつか、きっと。

by こもしば (2011-08-14 17:28) 

桃次朗ママ

ミッチーちゃんは、専用扇風機があっていいなぁ~。
保冷剤との組み合わせ、流石Michyさん!

「犬の消えた日」見ませんでした。
こういうのダメです。
軍用犬のことは、知っていましたが
犬の毛皮の軍人用コートは、知りませんでした。
鳥肌がたちます。

戦争は、動物たちにも酷いものですね。
桃次朗も息子達も、戦争に行かせなくていい時代で良かったと思います。
が、Michyさんがおっしゃるように
犬の殺処分を思うと、今の時代がいい時代か疑問に思います。

3時のおやつ催促のミッチーちゃんに和みます。
「おやつ まだですか?」と訴えている目が、可愛くて嬉しいです。
ミッチーちゃん、幸せですね。
桃次朗も、幸せです。
by 桃次朗ママ (2011-08-15 00:27) 

kaorimax

一度見たけど...今度は白太郎くん見るため
録画しておいたのをもう一回みました〜
一度目は切なくて泣いてしまったけど
次は白太郎くんの演技に集中して見ました〜
by kaorimax (2011-08-15 00:59) 

妃屋

一平がワンコを見ると「わんわん♫わんわん♫」っと、嬉しそうに連呼するのと、寝かす時間になって最後まで見れないし…っと言い訳しつつ、
自分が号泣するのも分かってるので見れませんでした(>_<)
しかし、目を背けてはいけない事実ですね。
人間の都合は本当に勝手です。
by 妃屋 (2011-08-15 13:43) 

paw

見れませんでした。心が弱いので・・・
by paw (2011-08-16 15:07) 

なぎ猫

以前、私が高校生の頃、約20年前に同じネタで日テレがドラマを作ってました。あと、”犬と猫と人間と”でも犬の献納について触れられてました。
20年前にそのドラマを見た時は、家の犬がまだ存命なので、ドラマを見てるのがもうつらくて。だって、時代が違ったら家の犬、差し出さなきゃいけなかったのか?と思うともうつらくて、腹が立って。本当に、戦時中はばからしいことをした。でも確かに今でも動物が犠牲になってるのは変わりないですね。形が変わってるだけで。
by なぎ猫 (2011-08-16 23:19) 

Michy

◉◎◉ お返事、遅くなりました。 ◉◎◉


そして、ご訪問の方もかなり滞っているので、まとめての
お返事で失礼します。

この「犬の消えた日」というドラマは、予告編を見ただけで
犬が好きな人にはいたたまれず、なかなか見る勇気が出にくい
内容でした。
様々な視点から戦争の残酷さを伝える映画やドラマがありま
すが、犬好きに訴えるには相当なインパクトがありますね。
ただし、どれだけの犬好きさんが見た事か…
私も白太郎君が出ていなければ見られなかったかもしれません。
戦後生まれの私ですが、あの時代それこそ子供も人も生きるのに
精一杯ということで、犬どころじゃないって言うのは頭では
わかります。
が、想像すると余りにも辛い。
そして、こんなに平和な時代で、ペットブームなんて言われて
いる今も、方法は違っても可愛い犬や猫が集められて殺処分され
ているかと思うと、胸が締め付けられるような思いがしました。
ドラマの中で泣きながら犬たちを供出した子供たちを見て、
それまでは可愛がられていたであろう犬は、愛される事もなく
処分されてしまう現代の犬たちよりは幸せだったのかもしれない
などと想像してしまいました。
いずれにせよ、悲し過ぎます。
私にとっては辛いドラマでしたが、これを何とも思わず見る事が
できる人も多いのかなぁ…
だとしたら殺処分ゼロの日はまだまだ遠いなぁ…なんて思ったりも
しています。
アレコレ考えさせられたので、見て良かったです。

白太郎君は目立っていました♪
もう1匹白い犬がいたけど、大きさが違う!
もっと出番があったらよかったのになぁ。

by Michy (2011-08-19 10:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。